器具を装着した女性

歯科医院では、歯を失った場合に入れ歯を作ってくれます。入れ歯は、大きく分けて総入れ歯と部分入れ歯があります。まず総入れ歯とは、歯が全部なくなった場合の治療法です。 健康保険が適応されている総入れ歯の値段は、1万円前後となります。 一方、部分入れ歯は、歯が残っている時の治療法です。歯が抜けてしまった箇所にはめて、現存している歯にバネで固定します。保険が効く部分入れ歯は、金属のバネがついたものしかないです。よって、前歯にはめる場合は、金属が目立ってしまうケースがあります。そういうことがにように、近年では磁性アタッチメントが注目されています。これは、入れ歯と歯根に磁石を埋め込み磁石で安定させる入れ歯です。金具がないので、見た目が美しいです。 また、磁石でしっかりと固定できるので、食事中も安心です。

入れ歯を作るときには、きちんとした歯科医院に相談したほうが良いです。というのは、ちゃんとした治療を受けられないと、口に合う入れ歯を作ってくれる可能性が低いからです。 歯科医選びのポイントは、まずは話を聞いてくれることです。そもそも入れ歯というのは繊細なもので、 噛み合せが少し合わないだけで違和感や痛みを伴う場合があるからです。なので、患者の細かい要望を丁寧に聞いてくれる医師が良いです。 また、できれば年配の歯科医師がいたほうが良いです。なぜなら、入れ歯作りというのは長年の経験によって左右されるからです。ですから、ベテランの歯科医師に入れ歯作りを任せたほうが、精密で口に合うものをつくってくれる可能性が高いです。