治療を受ける男性と歯科医

歯の矯正治療というと、多くの人がイメージするのが金属ブラケットによる歯科矯正だと思います。 金属ブラケットは歯の表面に装着する矯正器具で、表側に取り付けるタイプが一般的です。 金属ブラケットのメリットは、表側のタイプならば様々な不咬合治療に使えることや、他の矯正器具に比べると安価に作成可能な所です。 デメリットとしては、銀色なので目立つ、他の矯正器具に比べると大きめという所です。 ちなみに、金属ブラケットを歯の裏側に取り付ける矯正方法もあります。こちらは表側に装着するタイプと違って、外側から見えづらいので矯正していることがバレにくいです。ただし矯正器具としては特殊なため、経験のある矯正歯科でしか扱っていないこともあります。

歯を矯正したいけれども、金属ブラケットだと目立ってしまうというのがネックです。 見た目を気にするのであれば、金属ブラケットよりも費用がかかりますが、審美ブラケットという矯正器具もあります。 金属ブラケットに使われている金属部分が白や透明になっているため、比較的目立たないで矯正治療ができるのがメリットです。審美矯正歯科などが得意としています。 ただ、目立たないとは言っても表側に取り付けるタイプなので、矯正していること自体はバレてしまいます。 審美ブラケットは金属ブラケットと同様に様々な不咬合治療に対応できますし、金属を使用していないので金属アレルギーの人でも使えるのがメリットです。 実際に矯正歯科に行って、どのタイプが自分のライフスタイルに合うのか相談してみましょう。